Artlosophy夏期特別講座2020
グッドデザインの為の 情報の捉え方、扱い方

8.14 (金) – 8.15 (土)  開催
講師 齋藤セシリアかおる

– ご案内/お申し込み –

2020.夏 申込受付開始予定

全ての物事は、
目指すデザインの方向性と
デザイン力で、結果が決まる。

2020年の本講座テーマは、
今、国内・世界に必要とされている
循環経済や、環境と密接なデザイン。

根本からデザイン力を高め役立てたいと願う
デザインを勉強している学生
専門家まで、
デザインに興味のある方は誰でも参加できる
実践的なプログラム。

2020.夏 申込受付開始予定

はじめに…

今の自分に、ちょっと聞いてみましょう

*この画像を保存して、時々これらの質問を自分に尋ねてみてください。

*受講を決めた方は、受講前に回答してみてください。お問い合わせからその回答や、質問を送ってくだされば、質疑応答の時にお答えいたします。

講座内容

今デザイナーに求められる感性の
体験型ワークショップ

日本と世界を繋ぎ
地球環境と循環経済の
バランスに意識したデザインを
理解し、形にする

協力 兵庫県養父市※(確認中)

1日目

1. レクチャー
日本のデザインはどこに向かえばよいのか / デザイナーはビジネス界、経済界から何を求められているのか / デザイナーに、現在とこれから必要な、経済界の用語(SDGsなど)についての解説 / 世界で活躍するデザイナーついてのお話し、等

2. グループワークへの準備
– 対話力に比例し優れたデザインは生まれる-
グループ デザインワークに欠かせない、対話力を磨く体験 / コミュニケーション力、ディスカッション力の基礎となる、「自分の意見/声」について

3. 今回の課題要点と説明
地方都市ついての捉え方、世界との結びつけ方 / 兵庫県養父市の予備情報を共有

2 日目

1. 実践的グループワーク
養父市を題材としたグループワーク / 地方と日本へ、持続的な恩恵をもたらすデザインを、生み出す体験。

2. Artlosophy 理論からのアドバイス
自分デザインのみつけ方、活かし方 / 活躍の場に出会うには

3. 個人ワーク
グループワークからの振り返りで自分のデザインスタイルを確認する

4. 質疑応答等

本講座で確認する
高いデザイン力に必要な基礎力

1.  あらゆる物事に問いかける力
2.  自らと相手の、内面の声を聴く力
3.  深いコミュニケーション力
4. 自分と世界の共通点、幸せの一致点を見出す力
5.  個人のオリジナリティと社会が求めるデザインを統合する力
6. デザイナーとして アイデンティティ、個性、方向性の明確化
7.  手を動かし体験しながら物事を探求する、デザインを「哲学する」力

受講者の声

開催概要

講座名
Artlosophy(アートロソフィ)夏期特別講座2020
はてな?が育む 想像力 創造性
– デザインには何故、哲学が必要なのか –

講師
齋藤セシリアかおる

 開催スケジュール
2日間通し
1日目 2時間
2日目 3時間
*秋以降開催にて調整中(詳細な日時は、夏公開予定)

 受講料
一般 6,500円、学生 5,500円
桑沢卒業生 5,500円、在校生 4,500円
*ノートと筆記用具をご持参ください

 会場
桑沢デザイン研究所42教室
東京都渋谷区神南1丁目4-17 (渋谷駅 徒歩約9分)

 定員
20名

主催:桑沢デザイン研究所同窓会

2020.夏 申込受付開始予定

何かご質問がありましたら、こちらからお送りください。企画主管者からお返事いたします。

企画主管者 由良 万紀子(桑沢デザイン研究所 同窓会委員)

Share