KDS 桑沢デザイン研究所同窓会主催イベント
ご案内・お申し込み→https://kds2020.yuramaki.com

受講者の声

Artlosophyでは、桑沢デザイン研究所 夏期特別講座の場をお借りして、2016年からワークショップを開催しています。テーマは、社会が求めるものやこれまでの研究から毎年刷新しています。しかし、本質は常に同じです。

これまで、ワークショップへ参加いただいた方の感想をご紹介いたします。

*掲載にあたって、読みやすいよう抜粋し文体を整えております。

・Aさん 学生

またこの内容を学びたい。

・Bさん デザイナー

娘に、桑沢で齋藤セシリアかおる先生に学ばせたい。

・Cさん グラフィックデザイナー

2日間だけでなく、もっと本格的に学びたい。

・Dさん イラストレーター

自分の間違いや、思い込み繰り返している癖に気づいた。

・ Eさん 学生

自身には社会性が今欠けていて、デザインにはそれが必要だとわかった。2日間あっという間で楽しかった。自分の良さを自分一人で気づくのは難しい。まだまだ荒いので、少しずつ自分の世界や表現を模索しながら精進したい。

・Fさん 学生

課題をこなすことで精一杯だったけれど、自分の創造の種を育てることをもっと大事にしていきたい。自分と、社会問題、環境問題、そして鋳物作りがいつもそばにある家に生まれたこと、どう繋げて行くか、少し見えてきた気がした。

・ Gさん Webクリエイター

自分がやっていて幸せになることと、周りが幸せになること。この2つの重なる点があるのだと、ヒントを得られた。

・ Hさん 人事関係

この講座を受けて、精神的な弾力をプニプニと取り戻した。9マスのワークを通して、完成させることだけが良いわけでなく、埋まらないのもまた伸び代がある良さ だと気づいた。今自分にできるベストをやっていきたい。

・ Jさん イラストレーター

2日間の講義は私にとってとても有意義で目から鱗な内容ばかり。自分自身が今衝突している問題、今後の課題、頭の中で散らかっていた情報がとても整理されたように感じた。
最初はとてもハイレベルに感じ、ついていけるか自信がなかったが、2日間を経て、本当に受講してよかったと感じた。素晴らしい講義、企画に感謝している。

過去のワークショップ


・家族向けワークショップ

言葉を使わず、水彩絵の具や紙で、感覚的に人間関係のデザインを学びます。自分と相手のペースを五感を全て使って観察し、譲り合いや、相手の気持ちを想像する力を養います。

本講座のベース : 感性教育研究 Artlosophy ご紹介→

KDS 桑沢デザイン研究所同窓会主催イベント
ご案内・お申し込み→https://kds2020.yuramaki.com

Share